デンタルエステ

”デンタルエステ”という言葉を耳にしたことはございますか? 最近は、歯の治療だけではなくアンチエイジングとして口腔内外のケアの”デンタルエステが”注目されています!! ブラッシングマッサージ、ガム(歯肉)マッサージ、舌クリーニングなどの種類があります♪ 具体的には、お口の中の深層筋を直接マッサージし刺激したり、舌クリーニングに加え、表情筋や咬み合わせ筋などのマッサージを行います(≧∀≦) …

続きを読む

口腔乾燥を引き起こす薬とそのメカニズム

唾液には潤滑作用、粘膜の保護作用、緩衝作用、洗浄作用、抗菌作用などがあり、口の中を健康な状態に保つ役割を担っています唾液分泌の減少により口腔粘膜が乾燥した症状を「口腔乾燥症(ドライマウス)といい、その原因の1つとして薬の副作用が上げられています 血圧の薬や抗うつ薬等、口腔乾燥の副作用がある薬は多く、個々の服用では発現頻度が高くない場合でも、数種類を併用すると口腔乾燥が起きやすくなると考えられて…

続きを読む

親知らずはなぜ親知らずとよばれてるのか?

普段私たちが親知らずと呼んでいる一番奥の歯は なぜ親知らずと呼ばれているのでしょう この親知らずという歯がはえてくるのは、早い人で14歳~といわれ、 遅い人で20歳~といわれています 昔の人はこの親知らずがはえてくる20歳前後の時までに 自分の親が生きていられなかったからという理由で、 親が知らない時にはえてくるため、親知らずと呼ばれています 正確には歯の中央から数えて…

続きを読む

虫歯にならないイルカの歯

夏休みにイルカショーを見にいかれた方は、イルカの秘密を知っていますか? 私達がよく目にするイルカは、バンドウイルカといいます 体長2~4メートル、体重150~650キロ 寿命40年 イルカには上下で80本くらいの先のとがった歯が一列にあります。 かみ合わせると上下の歯はぶつかりません。 イルカの歯を輪切りにすると断面に木の年輪みたいに模様があリます。 あとは…

続きを読む

歯科医院で口唇部のしわ取り!

女性にとって気になるニュースが飛び込んできました 一般的に美容外科医の医師が手がけてきた、ヒアルロン酸によるしわ取りを行う歯科医が増えているそうです。 なぜなら、ほうれい線って一度気になりだすと鏡を見るたび目がいってしまい、とても嫌な思いをした方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんなほうれい線の治療が身近にある歯医者さんで出来るようになるかもなるかもしれません。 入れ歯…

続きを読む

デンタルIQ 続き

前回のデンタルIQチェックの正解と解説していきます。 1.虫歯菌は親から子へ感染することはない?No!! 赤ちゃんが生まれたばかりの時に、口の中には虫歯菌がありません。 食べ物を口移ししたり、キスしたりすると感染するのです。 2.虫歯が少ない人は歯周病にもなりにくい?No!! 虫歯菌とは別に、歯周病菌が存在します。虫歯がなくて安心して歯医者に行かなかったら、 歯周病が進行して…

続きを読む

スポーツドリンクの飲みすぎは注意

これから暖かくなってきて運動する人も増えてくると思います。 みなさんそんな時スポーツドリンクは飲まれますか? スポーツドリンクには体内に不足しているものを補うため、 アミノ酸やカリウムなど様々な成分が含まれています。 でもこのスポーツドリンク、 実は歯にとってはあまりいい飲み物とはいえないのをご存知だったでしょうか? 多くのスポーツドリンクには、たくさんの甘味料(糖質)が…

続きを読む

幼若永久歯

幼若永久歯 生えたばかりの歯は幼若永久歯と言われるように未成熟です。 歯の表面を覆うエナメル質はとてもやわらかく、顕微鏡で見ると軽石の様に デコボコとしています。 ミネラル構造が未成熟でやわらかく、虫歯の原因となるミュータンス菌が つきやすいのです。 生えてから2~3年は完成されておらず、虫歯になったり、ぶつけて折れたり し易い期間となります。 外からフッ素を取り入れ、緻密な結晶…

続きを読む

五月病ならぬ・・・

皆さんは五月病、十二月病のほかにもあるのをご存知ですか 二月病とは、バレンタインに伴う精神的ストレスからくる症状のこと。 らしいのですが・・・ 二月病とは五月病の一種で、2月の恋愛イベント“バレンタインデー”に際し、 チョコレートがもらえるあてのない男性や2月14日当日、 実際にチョコレートがもらえなかった男性に見られる、孤独感など精神的ストレスからくる症状。 …

続きを読む

白衣

私たちが着ている制服ともいえる”白衣” 白衣っていつから着るようになったんだろう・・・と歴史を調べてみたところ 日本での始まりは明治時代に遡るそうです 以前は白衣といえば白がオーソドックスでしたが、 白以外のピンクやブルーなども出てきて、 近年ではカラフルな色や柄のものも多く取り扱われるようになりました 白衣とともに看護師や衛生士の象徴として必要とされてきたナースキャップも、…

続きを読む

GI値とは

GI値という言葉をご存知でしょうか GI値(グリセミック・インデックス)とは血糖値の度合いを示す指標になります。 炭水化物による血糖値の上がり具合を、相対的な比率で数字に表したものです GI値は、食品中の糖質量や消化のスピードによって決定され、 GI値が低い食べ物は吸収も穏やかで、腹持ちもよいといわれています。 逆に、GI値の高い食品を摂り過ぎると、糖尿病リスクを高めることになりま…

続きを読む

金歯・・

まだ暑い日が続きますが、今年流行の革素材を身につけている、ファッションに 敏感な人を、街中でちらほら見かけるようになりました 洋服や靴、バックに流行があるのはもちろんのこと、アクセサリーにも流行があります いま海外セレブの一部で流行しているのが、“グリルズ”という歯につけるアクセサリーです マドンナ、リアーナ、ビヨンセも数タイプもっているそう ゴールド、ダイヤ等を使用したそ…

続きを読む

ペットの歯みがき

皆さんはペットを飼っていますか ワンちゃん・ネコちゃんたちは生まれてからわずか3年で口腔疾患を持ち 飼い主の知らない間に進行しているといわれています ワンちゃん、猫ちゃんたちにも 私たち人間同様に歯周病や口内炎,歯ぐきの腫れが起こります たとえば、口臭はありませんか? お口の中をのぞいてみて歯に茶色いデコボコした歯石がついていたりしませんか? 歯石はそのままにしておくと歯ぐ…

続きを読む

赤ちゃんの虫歯予防

最近の研究で“妊娠中にお母さんが「キシリトール」で虫歯予防をすることで 生まれてくる赤ちゃんの虫歯も防ぐことができるのでは”と研究途中経過が 発表されたそうです 妊娠中にキシリトールをとっているママの赤ちゃんとそうではないママの赤ちゃんの生後1歳の時点で、虫歯原因菌が見つかる確率が1/5以下と効果がわかったそうです 虫歯は原因菌(糖分を分解して歯を溶かす酸を作る菌)による感染が原…

続きを読む

おすすめアプリ

みなさんはスマートフォンをお使いですか?? 今回は、歯に関するおすすめアプリをいくつか紹介します つ目は「歯科シンサツ」です 『はい』『いいえ』を選ぶことによって、可能性のある歯・口内の症状、疾患を導き出します。疾患によっては図解で、わかりやすく解説しています。気になる症状や疾患の情報収集にいいかもしれませんね 歯医者、歯学部生監修による歯と口の病気に特化したアプリですが、あくまでも…

続きを読む