インフルエンザ

寒い日が続いていますが、皆さま、体調を崩したりしていないでしょうか。 毎年この時期になると、インフルエンザが流行しますが、何か対策されていますか? 対策というと、うがい、手洗い、マスク、予防接種あたりをお考えになると思います。 あまり知られていないところでの感染予防として、口腔ケアが重要視されているのはご存知でしょうか。 実は、歯磨きをしっかりして、口腔内を清潔にしておくことで、…

続きを読む

卑弥呼の歯はいーぜ

皆さん、こんにちは。 夏バテしていませんか? よく噛んで食べることは健康の源です。 今週は「卑弥呼の歯はいーぜ」という標語をご紹介します。 女王卑弥呼の生きた時代の人々は、1回の食事で3990回食べ物を噛んでいたそうです。 現代人は平均620回ですからなんと6倍以上です。 調理法もまだ発達していなかったので食べ物は硬めで、否応なく多く噛まなければならなかったのです。 …

続きを読む

糖尿病との関連

こんにちは。 雨ばかりで気分が上がらないですね 今回は糖尿病と歯科治療についてです 糖尿病は歯科治療と大きな関わりがあります。 例えば、歯科治療のストレスで血糖値が変化したり、 傷口に感染が起こりやすかったりします 実際の現場では抜歯などの外科処置をする際は、 抗生物質を計画的に投与する等、工夫をしております 御自身の血糖値やHbA1cの値を覚えておき、歯医者さん…

続きを読む

ケガで歯が折れた

 ケガで歯が折れた お子様に多いのですが、運動会や公園で元気に動いていると転んでしまって歯が折れたり、欠けたりしてしまった場合は、砂がお口の中に入っていたときは簡単に洗い、出来れば牛乳につけて乾燥させないようにして、出来るだけ早く病院にいらして下さい。  抜けたり欠けたりしてから時間が短ければ短いほど、くっつく可能性が良いとされています。くっつけた場合でも、中の神経が死んでしま…

続きを読む

硬いものは歯に良いのでしょうか?

硬いものは歯に良いの? 「硬い食べものをよく噛んで食べましょう。」子供の頃に耳にしたことがありませんか? 大人になっても同じなのでしょうか? 「よく噛んで食べること」と「硬いものを食べること」とは同じなのでしようか? たとえ、ハンバーグのような軟らかいものでも、よく噛んで唾液の分泌を促し、消化に役立てることはとてもよいことですが、よく噛むことと、硬いものを長く噛みつづける…

続きを読む

味覚について

味覚について 桜も綺麗に咲き誇り、お花見の季節がやってきましたね 皆さんの中には花より団子なあんて方もいらっしゃるのでは 美味しいものを美味しいと思えることはとても健康的で幸せなことですよね さて、その「美味しい」と感じるのは味覚が関わってきます。 食べ物が口の中に取り込まれると食べ物に含まれている味を呈示する物質が唾液中に溶け出します。唾液により口の中にある味蕾(みらい)に運…

続きを読む

現代人の咀嚼回数☆

こんにちは!まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか!? 暖かくなると花粉が辛いので、これからの季節が怖いです(笑) 早速ですが、本日は、咀嚼(そしゃく)について、お話ししたいと思います♪ 皆様は、一回の食事で何回噛んでいますか!? 昔の人の一回の食事の咀嚼回数は、現代人と比べると何倍も違います。 時間がなく忙しい現代の日本人は一回の食事に、約600回程…

続きを読む

正しいうがいの仕方

正しいうがいの仕方 寒さも厳しくなり、風邪やインフルエンザが流行り始めました 風邪やインフルエンザの感染は、飛沫感染といい、くしゃみやせき等で飛び散った細菌やウイルスを吸い込んで感染します まずは予防の基本にうがい手洗いがありますが、皆さんは正しいうがいの仕方をしているでしょうか まずは口腔内の食べかす等を流すため、水やうがい薬を口に含み、“くちゅくちゅ”と15秒ゆすぎます。…

続きを読む

降圧剤と副作用

生活習慣病という言葉をよく耳にすると思います。 近年、高血圧の患者さんも増えています。それらの多くの方が、降圧剤を服用していますが、ここで問題なのがそのうちの何割かに歯肉増殖症が発症するという事実です。意外と患者さん自身も知らないという方が多くいらっしゃるのが現状です。 降圧剤には様々な種類のお薬がありますが、すべての降圧剤が発症させるという訳ではありませんし、発症してもお薬の変更が難し…

続きを読む

人の幸せは自分の幸せ

このブログを読んでくださっている方たちの多くは ご自身のお口の中の健康にも十分に気を使われていることと思います。 また、生活全般にわたりアンテナをはって身体に有益なことも いろいろ取り入れているのではないでしょうか そのような気遣いを、ご家族、ご友人、職場の同僚などの あなたの身の回りの方の健康にも少しだけ向けていただけないでしょうか? 人は、、、案外自分のことになると鈍…

続きを読む

歯石除去の効果について

歯石除去の効果 これまで 歯周病が心臓発作や脳卒中のリスクを高めるという 調査結果が報告されていましたが、 定期的な歯石除去が、心臓発作や脳卒中のリスクを下げる 可能性があるとの研究が発表されました。 その結果、歯石除去をした事が ある人は、ない人に比べ 心臓発作のリスクが、%、脳卒中のリスクが%、低い事が分かりました これは、歯石除去によって、心臓発作や脳卒中につながる…

続きを読む

口腔内と糖尿病の関係

みなさん糖尿病と口腔内の状態は密接な関係にあることをご存じですか?? 糖尿病になると口の中が乾きやすくなるため唾液の分泌量も低下し口の中が汚れやすくなって口臭がきつくなります また免疫力が低下するので歯周病になりやすく治りにくいことも知られています高血糖の状態が続くと白血球の機能が低下するために炎症が進み、組織が壊れやすくなるからです。 もともと糖尿病は歯周病を悪化させる原因の一つと考…

続きを読む

智歯周囲炎

梅雨も明け暑い日が続き寝苦しい季節がやってきました 寝不足気味の方もいらっしゃると思います オフィス内は冷房で寒く、風邪を引きやすい時期でもあります。 今の時期に起こりやすい口腔内の症状として「智歯周囲炎」というものがあります。 「智歯」とは「親知らず」と呼ぶのが一般的です。 智歯周囲炎とは、親知らずのまわりの歯肉が腫れぼったく、食事などで口を大きく開けると痛みがでるといった症状で…

続きを読む

歯ぎしりと食いしばり

人は誰でも「歯ぎしり」をするといわれています 原因としてはストレスとも無意識下でのかみ合わせの調整とも・・・ 歯ぎしりはご存知のように寝ている間にアゴを左右に動かしながら 「ギリギリ」「ボリボリ」と音を発生させる特徴があり、長期間にわたって歯ぎしりを していると歯の破壊・磨耗が進んで歯が削れたり 折れたりすることもあるのです もう一つ「食いしばり」は上下の歯に力を込めて 接触さ…

続きを読む

「ときどき朝食」にメタボ注意

食生活が豊かになりメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と健康診断等で診断される人が増えてきました トクホの飲料が飛ぶように売れ、皆の意識も高まりつつある昨今ですが てっとりばやいダイエットとして食事を減らす人も多いと思います 1日の摂取カロリーを減らせばある程度やせるのは当たり前 特に朝はバタバタしがちなので朝は食べたり食べなかったりという人も多いと思います ところがこの…

続きを読む