インプラントの基本構造

こんにちわ インプラントという言葉耳にされることがあると思います 今回は、インプラントがどうゆう構造になっているかを 簡単にお話します インプラントシステムは、 長い歴史の中で多くのシステムが開発されて、改良されて、 現在の歯科治療で使われています それぞれのシステムには一長一短があります。 インプラントシステムを理解しやすくするために、 ブローネマルクシス…

続きを読む

歯科界トピックス

夏休みに入いり子供達は自由研究の宿題に奮闘しています。 歯の研究も進みマウス実験で神経のある歯ができたそうです。 今は人工の歯でインプラントが主流になっています。 インプラントとは、歯の失われた部位の顎の骨の中に人工的な 歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療法をいいます。 インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造をもち口の 中の機能回復と審美性を追求した新しい…

続きを読む

第3の歯ーインプラントー

かつて、歯を失って、とくに義歯(入れ歯)にせざるを得なかった方たちの願いは「歯も髪や爪のように何度もはえてくればいいのに」ということでした。 第1の歯は乳歯・・・生後6~7ヶ月頃から上下左右に20本はえてきます。 第2の歯は永久歯・・成長にともなって5~6歳頃、乳歯からはえかわり始めます。 この永久歯が自然にはえてくる歯としては最後で、名前のとおり永久に使っていきます。 そこで、第3…

続きを読む