セルフチェック

30歳前後で約80%が歯周病?  あなたの歯は大丈夫ですか?  一度チェックしてみましょう 規則正しい生活をしている   虫歯や歯周病は生活習慣と大きく関わっています。   生活のリズムを整えて十分な睡眠と正しい食生活を意識しましょう。 間食をひかえる   間食の回数が多いと口の中が酸性になり、虫歯が出来やすい環境になります。 ストレスを上手く解消している   ス…

続きを読む

歯が無くなった!どうする?

マジメに治療に通っている人も、そうじゃない人も、『ある日』が突然訪れます。 『奥歯が駄目になった!!』 (モチロン、訪れない人もいますけど) 今回はその中でも一番後ろの奥歯、第二大臼歯が無くなってしまったときの 治療の選択肢についてのお話です。 大きく分けると5つの選択肢があります。 1.義歯(入れ歯)にする 歯がないところへ人工の入れ歯を作る方法。 メリット:比較的早く作ること…

続きを読む

朝起きてすぐの歯磨き

皆さんは朝起きてすぐ歯磨きをしますか?それとも朝ごはんの後? 私は、朝起きてすぐ水を一杯飲んで、しばらくしてから歯を磨いていました。 しかし、この本を読んでから、起きたらすぐ歯ブラシを手にするようになりました 本の名前は、ずばり『朝起きてすぐの歯磨きがあなたをまもる』です。 呼吸器専門の医師が書いた本です。 その内容は、起床直後、朝食前に歯磨きをすると、風邪やイ…

続きを読む

歯の寿命

私たち歯には他の体の部分と同じく、痛みを感じたりするように 神経があって、栄養が運ばれているいわば「生き物」です そんな私たちの歯に寿命があるのをご存知でしたか? 8020運動といって80歳まで20本の自分の歯を残そう! なんて目標もありますが。。。 前歯は平均70歳 奥歯は平均60歳 案外皆さん知らないんです 健康な歯でこの年ですから、虫歯や歯周病になったら…

続きを読む

口呼吸について

 口呼吸が歯や体の健康に関係があることを知っていますか 口呼吸は、口を閉じる力が弱い事で起こります。そして風邪をひきやすかったり 扁桃腺肥大の経歴の症状が見られるそうです。 最近では大人・子供を問わず多く見受けられるようになりました。 また口呼吸によって口が渇くと唾液の分泌量が減ります。(ドライマウスこうなると、;">口臭・虫歯・歯周病の進行を促進させる原因にもなり…

続きを読む

年をとると味が感じにくくなる?

 年をとると、味を感じる細胞である“味蕾”の数が減少するといわれています。しかし、年齢とともに味覚の機能が低下するといった明確なデータは存在しません。    “味覚障害”は栄養素の欠乏、薬の副作用や腎障害、肝障害、胃腸障害などによって起こります。これらの病気には若い人よりも年配の人のほうがかかりやすいので、味覚に関する訴えが高年齢の人から多く聞かれるのはそのためなのかもしれません。   …

続きを読む

甘いチョコレートで虫歯予防

2月14日はバレンタインデーですね 好きな人に友達にいつもお世話になっている人に・・・ さまざまなチョコのあげ方がありますね そんなチョコレートにフッ素が入ったチョコがあるって ご存知でしたか 普通のチョコと違って食べれば食べるほど歯にいいんですよ   虫歯の原因の砂糖を使わず『キシリトール100%』で 甘味を出しているので「予防」だけでなく歯を「強く…

続きを読む

歯肉マッサージについて

www.keishikai.or[1]<歯肉マッサージについて> こんな方におすすめです! 喫煙している方 歯肉に炎症のある方 歯の健康を保つには、粘膜性の細菌層であるプラーク(歯垢≪しこう)を取り除いた上で、歯肉マッサージをすると効果的です。 歯肉マッサージは、歯周病が進行している方、喫煙をされている方におすすめです。歯周病の方や喫煙されている方は、そうでない人の歯肉に比べ血行が…

続きを読む

入れ歯のお話2

入れ歯のお話2は入れ歯を安定させるポイントについて 取り上げたいと思います。 まず、入れ歯がぴったり合わないと  食べ物がよくかめなくなる  胃への負担が大きくなる  はっきりと発音ができない  頭痛・肩こり・腰痛に悩むようになることもある など困ることがおきてしまいます。 入れ歯がしっかり安定すると使用感が良くなり日常生活が快適になります。 ポイントは、 1 歯…

続きを読む

もし家族の口臭が気になったら・・・

・・・あなたならどうしますか・・・? 1 そのまま見て見ぬふり 2 胃が悪い?など、遠まわしに言う 3 はっきり言う 4 興味なし・・・ ちなみに私は、つい1ヶ月ほど前母の口臭がとても気になり、本人に直接はっきり言いました。本人(母)はあまり自覚しておらず、「そんなに臭うの」といった表情でしたが、1メートルの距離でもかなりはっきり分かる程度でしたので、よくよく説明し治療を促しま…

続きを読む

コーヒーでがん予防!?

コーヒーといえば、ほっと一息させてくれる嗜好品 昔から多くの人に愛されているが、実は私たちの体にとっても有益となる効能がある それは・・・ コーヒーに含まれるクロロゲン酸。これはがん細胞の発生を抑制する作用があり、これまでに胃がんをはじめ、肝臓がん、大腸がんなどで発生リスクを抑える効果があるとされてきたが、新たに口腔がん、咽頭がんに対しても効果があることが報告されたのだ それによると・・…

続きを読む

はちみつで歯石予防?!

歯石をとることは大事!でもあの取り除くときの音がイヤ!! 歯石がつきにくければなぁ。 と思っている方に朗報です なんと・・・はちみつで歯石予防ができるのです はちみつは歯周病や口腔潰瘍などで抗ウイルス作用があります。そして、抗石灰化作用(歯石になるのを防ぐ)を有することでハミガキや洗口剤に配合する抗歯石剤として可能性があるそうです 試験したはちみつのうち、10種類のはちみつでh…

続きを読む

タバコの影響ってやっぱり恐ろしい!?

 これまでにもタバコと歯周病の関係など、何度かその影響は紹介されてきましたが、また新たに興味深い統計の結果が。。    親がタバコを吸うほど子どもの歯ぐきが真っ黒に!?    これは同居する家族に喫煙者がいると、幼稚園児や小学生の子どもの歯が虫歯になりやすかったり、歯肉が黒ずんだりする傾向があり、これには受動喫煙が影響している可能性がある、というものです。  子どもの口の中といえば、白…

続きを読む

WSD(楔状欠損)

「冷たい水がしみる!」 「歯ブラシがあたると痛い!」 「息を吸い込むと何だかしみる!」 上のような症状を感じたことはありませんか? この症状の原因の一つに、楔状欠損があります。 これは、前歯から数えて、3番目・4番目・5番目の歯のほっぺた側の歯の根本の部分(歯茎に近いところ)が、楔のような形で欠損している状態を言います。 余談ですが、英語でWedge Shaped Defect と…

続きを読む

歯がしみる原因は?

冷たいものを食べたとき、熱いお茶を飲んだとき、 キーンとしみたことありませんか? 実はこんなところに原因があったんです ・歯ぎしりや噛みしめでエナメル質にヒビがはいった ・歯ぎしりで歯が擦り減った ・歯ブラシが硬すぎた ・ハミガキしすぎた ・歯周病で歯ぐきがさがった ・すっぱい飲食物で酸蝕歯になった ・ホワイトニングしすぎた む…

続きを読む