顎が痛いっ!

「顎が痛くて、口が開けづらい。」 「口を開けると音が鳴る…あごの筋肉が痛い…」 こんな症状ありませんか!? (でも我慢できるし、病院に行くのは面倒くさい。  ほったらかしのままでいいやっ。) こんな人も多いかもしれません。 『顎関節症』ってご存知でしょうか。 痛みの原因は 噛み締めや、歯軋りから 何気ない頬杖・寝る姿勢まで 色々なことが考えられます。 …

続きを読む

小さな子供の仕上げ磨きのコツ

子供さんの仕上げ磨きに悩まれるお父さん、お母さんがいらっしゃると思います。 なかなか口を開けてくれない。 ちゃんと磨けているか心配などの声を聞きます。 子供さんの仕上げ磨きは、日頃からお口の中をよく観察することや、口の中に歯ブラシを入れる事が怖くない、痛くないから大丈夫だと感じてもらうこと。 お子さんとのスキンシップの一つだと楽しくすることが大事です。 また、お父さん、お母…

続きを読む

繰り返しの治療~歯ぎしり、食いしばりが原因かも~

皆さんの中に、虫歯の再発や、歯が欠ける、折れる、 またはかぶせ物がはずれるなどのトラブルを繰り返す方は いらっしゃいませんか? 毎日しっかりとブラッシングしているのに・・ 定期検診もしっかり受けているに・・ 歯科医院に行くたびにトラブル発見! という方も。 そんな時に疑われるのが、「歯ぎしり、食いしばり」です。 構造物に過剰な力がかかり続ければ その耐久性を超えて壊…

続きを読む

子供の歯医者嫌い、、、、

子供は歯医者さん嫌いですよね、、、、子供に限った事じゃなく大人もそうですよね? ではなぜですか? 歯を削るからですか?キィーンと嫌な音がするからですか? 一番の理由は痛いからじゃないでしょうか、、、、 むし歯の治療をしたことがない子が、痛いことをされるかどうかなぜわかるのでしょうか? 幼稚園や学校の歯科検診でお口の中を見せるぐらいのことはできるよ…

続きを読む

歯のけが

   ≪歯のけが≫ 突然ですがわたくし、先日歯を脱臼してしまいました。 歯の脱臼それって何???とお思いの方も多いでしょう。 聞きなれない言葉ですよね 歯にも怪我があって、ぶつけて折れてしまったり、抜けてしまったり、脱臼したりするんです。 脱臼とは外力によって歯を骨に固定している歯根膜が断裂してグラグラになる事を言います。 歯の矯正も1度脱臼させて動かすんですよ 私…

続きを読む

妊婦さんお歯科治療

    妊婦さんの歯科治療     口の中への影響     妊娠期にはホルモン分泌の増加のより、口腔組織において炎症症状が過剰に  起こる傾向にあります  また唾液の分泌量が減少することにより、抗菌作用の低下が起こり、自浄作用  の減少が認められます  さらに、多くの妊婦さんにみられるつわりにより、食習慣の変化、繰り返し  起こる嘔吐による口腔内のpHの低下、不快感のよ…

続きを読む

歯医者さんが作ったチョコレート

今日はバレンタインデー バレンタインデーにちなんで、チョコレートを食べながら虫歯予防ができると言う  「歯医者さんが作ったチョコレート」をご紹介いたします 「歯医者さんが作ったチョコレート」は、子どもたちが大好きなチョコレートを、食べながら楽しくむし歯を予防したいと願う歯科医師の発案で生まれたそうです 「チョコを食べると虫歯になるから食べちゃダメ!」とよく言われますが、 そ…

続きを読む

電動歯ブラシ

 電動歯ブラシ もうすぐクリスマスですね 皆さん、もうクリスマスプレゼントは買いましたか? 最近は電動歯ブラシを使う方も増えていますね。 手軽に使えるドルツやおうちで使うソニッケアーや回転型のブラウン等など色々なものがありますね。 選ぶ基準はどうしていますか 実は単なる電池で振動するものや音波式、超音波式など動きにはそれぞれ特徴があるんですよ 例えば音波式とは音波レベル…

続きを読む

お口の健康に興味があったら?

このブログを見に来てくださる方は、お口の健康に関心の高い方だと思います。 そういった一般の方におすすめの「家庭の医学・歯科版」ともいえる本をご紹介します。 新版 家族のための歯と口の健康百科 医歯薬出版株式会社 ISBN978-4-263-44387-3 C3047 \4000E 定価4000円+税 定価が4000円とすこしお高い本ですが、570ページもあり、非常に読…

続きを読む

もうすぐ「いい歯の日」

皆さん、「8020運動」という言葉はご存知だと思います。 「8020運動」は日本歯科医師会が厚生労働省とともに平成元年より推進している 「80歳になっても自分の歯を20本以上保ちましょう」という運動のことです。 これには「いつまでも美味しく楽しい食事がとれる様、お口の健康を保っていただきたい」 という願いがこもっています そしてこの運動の一環として、平成5年に11月8日が「いい歯の日」…

続きを読む

エナメル質形成不全

先日テレビでアルマジロの赤ちゃんが出ていました アルマジロは『貧歯類』に属しているそうです。 歯が全くないか、あっても歯根がなくエナメル質を欠く不完全な歯をもつのが 特徴です 他に、アリクイとナマケモノがいます。大アリクイは全く歯がないそうです。 人間の歯のエナメル質は、体の中で最も硬い組織で96%がハイドロキシアパタイトで構成されています。 外部刺激から歯髄を守る働…

続きを読む

歯の生え変わりってどれくらい?

今日は、歯の生え変わりについてです。 だいたいのお子さんは6~7ヶ月で最初の歯が生え始め 大人の歯は、6~7歳で生えてきます。 最初と最後の歯は下から生えてきます。 乳歯        生えてくる時期    抜ける時期  A (乳中切歯)    6~7ヶ月      6~8歳  B (乳側切歯)    7~8ヶ月      7~9歳  C (乳犬歯)    …

続きを読む

バス法でブラッシング

二十歳をすぎたら歯周病のリスクが高まることは皆さんご存知でしょうか? 歯周病とは、歯と歯茎の間から入ったばい菌が、歯肉に炎症を引き起こし、さらに歯肉の中にある歯槽骨(顎の骨)を溶かしてしまう病気です。 歯周病の原因は、食べかす、歯石や歯垢、金冠やクラウンなどの被せ物、咬み合わせなどがあります。そのため、歯周病を予防するには、歯垢や汚れを溜めないこと、増やさないことが重要です。 …

続きを読む

こどもの外傷

もうすぐ夏休みですね 海や山やプール・・・・・みなさんはどこに出かけますか 小さいお子さんが楽しい夏休みの間に、もし転んで歯をぶつけてしまったら・・・ 乳歯の場合(1~6歳くらい) 周りの骨がやわらかいため、脱臼(グラグラ)しやすく、歯がめりこんだりする。 乳歯でも根がしっかりできたあとは、破折(おれる)しやすい。 永久歯の場合(7歳~) 生えたての永久歯は根がまだ…

続きを読む

知覚過敏

もうすぐ夏 冷たいものを食べたり飲んだりする季節がやってきます ちなみに気温35度を上回るとアイスクリームよりもかき氷の需要が大きく なるのだそうです さて、冷たいものを食べる季節になると急増する歯科のお悩みがあります それが知覚過敏で、歯の根元の部分や歯冠部に冷たい物がしみるという症状です 放っておいても多くはそのまま消えてしまう痛みですし歯を削るほどのダメ…

続きを読む