30年以上経ちました

『8020運動』は1989年(平成元年)より厚生省(当時)と
日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。
そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。
楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの
全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。




8020達成率は、運動開始当初は7%程度(平均残存歯数4~5本)でしたが、

2005年(平成17年)では、80歳~84歳の8020達成率は21.1%で、85歳以上だと8.3%にまで伸びました。

2007年(平成19年)に出された中間報告では、それを上回る25%を達成しました。(健康日本21中間報告)

その後、2017年6月に厚生労働省が発表した2016年調査では、達成者が51.2%となりました。



仮に8020を達成できなかった方も、しっかりと噛み合い、きちんと噛むことができる義歯(入れ歯)などを入れて
口の中の状態を良好に保つことで、20本 あるのと同程度の効果が得られます。
義歯を含めた歯で食べ物をしっかり噛むことができれば全身の栄養状態も良好になりますし、
よく噛むことで脳が活性化され、認知症のリスクが軽減するという調査結果も出ています。
いつまでもおいしく食べ続け、健康寿命を延ばすためにも定期的にかかりつけの歯科医院に行き、 口の中の健康を保ちましょう。

*おすすめのクリニックはこちら* ~不安を安心に~

この記事へのコメント