台風が来ると急患が増える?

 朝晩が涼しい秋の気配を感じる今日この頃、困ったことに台風もたくさんやってきますね。

 台風が近づいてくると、私は(急患がたくさんやってくるかな)、といつも心構えをしてしまいます。
 何故なら、台風が最接近する前日あたりから、不思議と「歯が痛い」「歯ぐきが腫れた」と訴える患者が増えるのです。
 色々な原因があるのだろうと思いますが、「気圧性歯痛」という現象も有力な原因に挙げられます。

 台風などで、外界の気圧が急激に下がると体の中にある空洞の圧が高まります(高い山に登るとポテチの袋がパンパンに膨らむアレです)
 歯には歯髄腔があるのでその空洞の圧力が高まって痛みを引き起こすのです。
 特に治療中であったり、歯の中に問題を抱えていると、強く痛みを感じてしまいます。
  
 口の中に問題を抱えたままだと天気のせいでつらいを思いをしてしまうかもしれません。
 台風の備えというと大げさかもしれませんが、口の中の問題は早いうちに治しましょう。

                                      sioxa




~啓歯会 不安を安心に~

 

この記事へのコメント