しばれる・・・

毎日寒いですね
寒さで歯がカチカチと音をたてる事ありますよね
この現象を「シバリング」と言うそうです
シバリングは自分の意志に関係なく脳によって無意識に発せられる体温調整行動で、血管が拡張して血流量が増し筋肉をブルブル震えさせたり、顎をガクガクさせたり、奥歯を食いしばって筋肉の運動量を上げて体温が外に奪われるのを防ぎます
噛む動作を行っているのは咀嚼筋と呼ばれる4つの強大な筋肉です
顔は寒さを感じやすく、食いしばりによって膨大な熱量を発生できるのです
他にもトイレで用を足した後に起こる震えや、悪寒からの震えもシバリングによるもので、全身の筋肉が1分間に最大約200〜250回も動き、安静時に比べて最大で6倍の熱を産生できるとされているそうです
人間の体って凄いですね

ところでシバリングって、寒い時に使う言葉に似ていますね・・・
北海道の方言で「寒い」事を「しばれる」と言いますが
シバリングは英語で、【shivering】と書き意味は『震え』です
関係ないみたいです
あ~しばれる
寒さで震えた時は思い出してみてください


~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント