『食の楽しみ』は脳全体を鍛える

食べ物を噛んだり、味わっているとき、舌や歯、口の中にあるセンサーを通じて大量の情報が脳に送り込まれています。
おいしさ・まずさ・固さ・柔らかさ・熱さ・冷たさなどの情報は、大脳皮質や視床下部、海馬を含む大脳辺縁系にも伝わります。
味覚という人間に与えられた脳内システムは、脳全体を活性化します。

この記事へのコメント