歯科治療と血圧は関係あるの?

皆さんこんにちは


突然ですが、日本で最も多い病気はなんだと思いますか?

それは高血圧症です。
聞いたことはある方が多いと思います。

ちなみに自分の血圧の数値ってどれくらいか知ってますか?

血圧の適性値は
収縮期血圧 (上)が120mmHg未満かつ
拡張期血圧(下)が80mmHg未満になります。

高血圧の基準は
収縮期血圧 (上)が140mmHg以上
または
拡張期血圧(下)が90mmHg以上になります。


歯科と高血圧、関係ないじゃないかと思う方もいるかもしれませんが、実は関係あるんです

世の中のイメージとして、
歯医者が苦手だなという方が多いと思います。

実際
麻酔の注射、病院の匂い、削る音や振動、薬品の味や匂い 等々

我々も日々頑張っているのですが、どうしても患者様にストレスを与えてしまっています。
そして、ストレスを感じると人は血圧が上がってしまうのです

患者様によっては白衣を見るだけで血圧が上がってしまう人もいるくらいです

血圧が高い状態が続くと様々な合併症を起こすリスクがあり、とても危険な状態となります。

歯科治療は、一定値以上の血圧の方(血圧のコントロールが難しい方)は治療を専門病院でやらなければいけないのです。


このブログを見ていて、自分の血圧なんて知らないなんて方がいらっしゃるのならば
是非近くのお医者さまに一度診てもらいましょう。

血圧のコントロールとても大事です


~不安を安心に~

この記事へのコメント