降圧剤と歯肉の関係

これは私の身に実際に起きた出来事なのですが

ここの所、血圧が160/130という日が連日続き(130/80が一般的です)
内科を受診したところ
先生 『この血圧では朝、目覚めない日が来ますよ』
私  『(´゚д゚`) 』
ということで、降圧剤の処方を受けました。

自分とはまだまだ縁が遠いはずの降圧剤を
30歳のバースデイ一週間前に服用することになった私に
更なる追い討ちをかけるのは
薬の薬品名称欄。

【アムロジピン口腔内崩壊錠5mg

(´゚д゚`)

降圧剤が歯科で働く私の口腔内を崩壊させようとしています
どうにか崩壊を免れようと歯科医師の皆様にアドバイスを頂きました

歯科医師の皆様『とにかく歯磨きしてください』

つまりはどういうことかと説明しますと
きちんと歯の汚れ『プラーク』を取り除けるような
ブラッシングが出来ていれば
薬を飲んでいても腫れることはないということです

歯科ブログ.jpg

そもそも、高血圧の薬の副作用の一つに『歯肉増殖』がありますが
降圧剤を飲む→歯肉が腫れる→磨き残しができる→歯周病へ
という悪のサイクルが起こります

降圧剤を飲み始めてから歯茎から出血があるという方は
降圧剤を変更してもらえたらよいのですが難しいことが多いため
定期的に歯科を受診して歯石やプラークを除去してもらうと
良いかもしれません。
衛生士さんに正しい歯の磨き方をならうのも、ホームケアの第一歩です。


入れ歯を入れている方が降圧剤を飲むようになってから
入れ歯が合わなくなったというのも
降圧剤の影響かもしれません。一度歯科を受診ください。

ちなみに学んできた知識をフルに生かして歯磨きをしている
わたしにいまのところ歯肉からの出血はありません。
が、他の子達より早い段階でこの先何年も降圧剤のお世話になる
ので定期的に歯科検診は行うつもりです。

歯周病は放置するとかならず進行してしまいます。
ぜひ、適切な治療を受けに来てください。

by ゆ(*´ω`*) め
~不安を安心に~

この記事へのコメント