もういくつ寝るとお正月

2017年ももうすぐ終わりですね!
みなさんにとってどんな一年だったでしょうか?

さて、お正月の食べ物といえばお雑煮!
雑煮の歴史は古く、室町時代の武士の宴会では必ず一番初めに酒の肴として雑煮が振舞われていたそうです。
すなわち雑煮は宴の一番最初に食べる縁起のよい料理で、雑煮を食べなければ宴がはじまりませんでした。
この習わしをもとに、一年の始まりである元日に雑煮を食べるようになったと言われています。
当時餅の原料である米は高価なものであったため、一般庶民のお雑煮には餅の代わりに里芋が入っていたそうです。

今でもお餅を使わないお雑煮を食べる地域があるそうです。
お雑煮と言えばお餅ですが、里芋のお雑煮も美味しそうですね!

良いお年を(*^_^*)


~不安を安心に~

この記事へのコメント