《口腔内の細菌を減らしましょう❗❗❗》

歯磨きの必要性、それはただ、虫歯の予防と思っていらっしゃる方が、未だに多いのは残念です❗

コマーシャルで、多種多様の製品が、溢れ、
システマ、とかピュオーラ、とか耳に、残る程、繰り返し宣伝映像が流れている現代、

民間に口腔ケアの関心が高まっていると思いきや、歯科診療現場での、患者さんの、お口の中は、歯垢や歯石が、沢山こびりついています❗

この歯垢や歯石が、細菌の塊で、この細菌が、及ぼす病気は、虫歯や歯周病だけでは有りません。


歯肉や歯に、こびりついている細菌は、毛細血管を通って、心筋梗塞や、脳梗塞の、原因になったり、誤臙性肺炎の原因になります

口腔内細菌が肺へ❗❗❗⇒ 誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や食べ物などといっしょに肺に流れ込んで起きる肺炎。「誤嚥」という言葉から、食事中などに食べ物や飲み物を誤って気管にのみ込むことで起こると考えがち。

しかし、原因はそれだけでなく、実際は睡眠中などに口腔(こうくう)内の細菌が気管から肺へと流れ込んで起こることが多いのです❗


のみ込む力が弱くなっている高齢者では、気付かないうちに肺炎を発症していることが少なくないのです❗

誤嚥性肺炎では発熱やせき、呼吸が苦しいなど肺炎特有の症状がないか、あってもごく軽微で見過ごされてしまい、気付いたときにはかなり症状が進んでいることも❗

日本人の死亡原因の第3位となっている肺炎。死亡者の95%以上が65歳以上の高齢者で、その多くが「誤嚥(ごえん)性肺炎」なのです❗
しかも、高齢者だけでなく、若年性症例も有り、睡眠中の唾液の誤臙が、原因となっているのです❗
ですから、
お口の中の細菌を減らす事、イコール歯の歯垢、歯石を取り除くだけでなく、歯肉表面や、舌の表面も軽く磨き、誤臙性肺炎を、予防することが大切です❗❗❗

私達、歯科医療スタッフは、口腔ケアのみならず全身疾患ケアの為にも、歯磨きの重要性を、患者さんに、広く、深くお伝えして、理解を深めていきたいと考えています❗❗❗

何だ、又か、と面倒臭がらず少しでも、お耳に止め、ちょっとずつ歯磨きテクニックを会得して頂ければ、幸いです❗❗❗

~不安を安心に~

この記事へのコメント