砂糖と虫歯


今年もあとわずかとなり、クリスマスも近づいてきました
この時期は、甘いお菓子を食べる機会が増えてくる人も多いと思います

ただし、とても虫歯になりやすい時期とも言えます

虫歯は口の中にいる細菌が起こす病気ですが、その菌の唯一の栄養源は砂糖なのです、逆に言えば、砂糖さえ食べなければ、虫歯にならないと言っても過言ではありません
もう少し詳しく言えば、スクロースという成分が栄養源なのですが、ただ、お菓子だけに入っているわけではないので、全くスクロースを摂取しないというのは不可能だと考えられます

では、どーしたら良いのかというと、いかにスクロースが口の中に停滞している時間を短くするか、という事が大事になってきますので、当たり前ですが、食べたらすぐ磨く事が非常に大事です

たまに、食後すぐのブラシは歯が削れやすい、といった記事も見受けられますが、それは酸蝕症といったような非常に稀な病気の人に限った話ですのであり、スクロースの停滞時間が長くなればなるほど、歯の脱灰は進みますので、食べたらすぐ磨くを徹底する事をお勧めします


~不安を安心に~

この記事へのコメント