どうして虫歯の治療は一気にやらないの?

虫歯がたくさん出来ている時、何本も同時に並行して治療をして早く終わらせてほしいと思うことはありませんか?ところが、一気にすることはあまりありません。
これには、いくつかの理由があります。

虫歯の大きさにもよりますが、噛み合せが出来ないほど、虫歯が進行していることがあります。
こうしたときは、被せものを入れて噛めるようにします。
つまり、虫歯の治療とは、噛み合せの回復という側面も持っています。
たくさん虫歯が出来て、噛み合せが出来ない歯が多い時、残された歯や虫歯の歯でもかけていない部分で噛み合わせて、食事など日常生活を送っています。
この時、たくさんの虫歯を同時に削ってしまうと、どの位置で噛んでいたのかがわからなくなることがあるのです。
下顎は、頭蓋骨からぶら下がっている骨なので、きちんとした位置を再現するのが難しいという特性があります。
この位置で噛んでいたと歯科医師が思っても、実は違っていたとき、しっかり噛めなくなってしまいます。
ですから、噛み合せが狂わないように治療しようとすれば、同時にたくさんの歯を一気に削って治療することは出来ないのです。
また、たとえば左右同時に治療したとして、右側の歯が腫れてきて噛めなくなった場合、左側を治療していたら噛むところがなくなってしまう恐れもあります。
そんな時、左側が未治療であれば、そちら側で噛めたかもしれません。
こうした理由で、一気に治療を進めるのはおすすめできません。

皆さんは、そこまでひどくならないように定期健診を受けて早めの治療をおすすめします。

🐱CAN

~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント