歯がある人は丈夫で長生きって本当?

1000人以上の高齢者を対象に行った追跡調査の結果があります。
この調査では

① 咬みあわせが安定している
② 咬みあわせが不安定
③ 咬みあわせが全くない

の3グループに高齢者を分け8年間にわたり生存率を調べました。
その結果、咬みあわせが良い人ほど生存率が高く、咬みあわせがない人ほど
生存率が低くなっていました。

入れ歯を使っている人と、入れ歯を使っていない人でも
生存率に大きな差がありました。
もし歯を失っても入れ歯を使ってよく噛める状態を維持できれば
より長生きできるということです。

👓ZEN👓


~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント