歯周病治療に新薬

歯周病患者のみなさんに朗報です

成人の8割がかかっていると言われる歯周病ですが、悪化すると歯を支える骨(歯槽骨)が破壊され、歯が抜けてしまう恐れもあります。歯周病によって引き起こされる問題は、お口の中だけにとどまらず、糖尿病と深く関係しているのはよく知られていることです
また、最近よく耳にするのは、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患や脳梗塞にも関係していると言うことです

歯周病の対策は、口腔内をしっかりケアして悪化を防ぐしかないと言われてきました。
しかし、昨年12月に歯槽骨を増やす効果のある新薬(リグロス)が発売されました
リグロスは歯槽骨再生療法(歯を支える骨を増やす手術)に使われます
海外で生まれた歯槽骨再生療法もありますが保険適用されていません。リグロスは保険適用されているので自己負担が原則3割で済みます価格は保険適用でも2~3万くらいなので決して安くはないですが、歯周病患者さんにとっては、治療の選択肢が広がりそうですね

現在は、大学病院など一部の医療機関だけでの取り扱いになるようです
一日も早く一般開業医でも使用できるようになると良いですね

by.coco


~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント