親知らず

親知らずとは、大臼歯の中でもっとも後ろに位置する歯のことをいいます。

この「親知らず」という歯の由来は、
・親知らずは平均的には10代後半~20代にかけて生えてくるもの。
昔の人は、今よりも寿命が短かったので親の亡くなる頃に生えてくる
・独り立ちした頃に生えるので、親がその存在を知らない
などのいくつかの説が存在するようです

親知らずは上下2本ずつで、最大4本生えてきます。
しかし人それぞれ生えてくる本数は違い、もともと1本だけなかったり、
4人に1人の割合で1本も生えてこない人もいます
その原因として、現代人はやわらかいものをたくさん食べるので
親知らずの重要性が薄れ、体がない方向へと進化していったといわれています。

親知らずは決して絶対に抜かなくてはならない歯ではありません。
抜かない場合
まっすぐに生えてきて、歯茎が被っていない。
上下で咬み合っているなど、他の歯と同じように”歯”として機能している。
などの、このような場合は親知らずを抜く必要はありません。
親知らずまでしっかりとブラッシングをし、虫歯にならないようにしましょう。

抜く場合
斜めに生えている。
歯茎がかぶっていて、そこに細菌がたまり歯茎が腫れて痛みが伴う。
虫歯になっている。
などの場合には抜く必要があります。

そもそも親知らずが痛む原因として
奥歯の奥の歯茎を突き破って生えてくる途中で、押される時や口を大きく開ける時
横向きや斜めに生えている場合、隣の奥歯との隙間に汚れがたまり細菌が繁殖している時
虫歯になってしまった時
などが挙げられます。

奥歯に違和感や痛みを感じる場合は、ぜひ歯医者さんにいらしてください。

by Y.W

~不安を安心に~

この記事へのコメント