人間と動物の歯

こんにちは!
今回のテーマは、歯って人間だけでなく動物にもあるなー。人間は虫歯になれば、歯医者さんに行く。そして、先生に治療してもらいますが、動物ってどうするんだろう⁉️という疑問から、色々と調べてみました🎵                            


小さい頃、母親に、『サメは何回も生え変わるけど、人間は、子供の歯から大人の歯に生え変わったら、一生その歯を使うんだよ。一生大切にしなくちゃいけない。だから、歯磨きはしっかりとやって、虫歯を作らないようにしなさいね❗️』と言われたことを思い出しました。


調べてみると、


確かに、サメはベルトコンベヤー式に何度も生えてくるそうです。


他には…

象→ 6回だけ生え変わる
猿→ 1度だけ生え変わる
鳥→ 歯はない
カタツムリ→ 歯舌という歯の代わりがあり、何度でも生え変わる
犬→ 1度だけ
亀→ 歯はない
ウサギ→ 生え変わらないが、常に伸び続けるので、固いものを食べて擦り減らしている
蛇→爬虫類は何度でも生え変わる


などなど^o^
面白いですねー(((o(*゚▽゚*)o)))


そして、野生の動物は、自然なものを食べているので、虫歯にはならない。ペットとして飼われている犬や猫は、人間の食べ物を食べることが多いので、虫歯になるそう。そうすると獣医さんに診てもらうみたいです❗️


サメのように、何度でも生え変わる歯に、いずれ人間も進化していけば、いいですね〜(^o^)/


でも、そういうわけにもいかないので、歯磨きはきちんとしましょうね〜🎵


あー今回の調べ物は、楽しかったー(笑)

では、梅雨の季節、笑顔で過ごしてくださいね( ´ ▽ ` )ノ


キノコ☆


不安を安心に〜







この記事へのコメント