入れ歯の話

こんにちは
寒い日が続いていますね。
体調には気を付けてお過ごしください。

さて、今日のテーマは入れ歯でです。

何らかの理由により歯を失った場合、
患者さんはとても心配されます。

状況に応じて、様々な治療法から選ぶことになりますが
たくさんの歯を失ってしまった場合は
ブリッジも出来なくなり、
インプラントまたは入れ歯を入れることになります。


では、
入れ歯にはどんな種類があるのでしょうか?

金属のバネが見えない部分入れ歯や
臭いのつきにくい入れ歯、
金属を使用した薄い総入れ歯
などがあります。


その他、、
精密な操作のもと特殊な装置を用いた入れ歯や
磁石を用いた入れ歯
インプラント治療を併用した入れ歯もあります。


保険診療は作製に関するルールがありますので、
プラスチックによる厚みが違和感となったり
長い間使用していると、顎の骨が痩せやすい傾向にあります。


その点、
自由診療では
上記のように自由にデザインが出来て
一人一人に合わせた設計で
使い心地や見た目を追及することができます。


主治医と色々相談して、
治療方針を決めていってくださいね

byフォレスト


~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント