子供のフッ素効果

iモードこどものフッ素の効果iモード


お子さんの歯の表面に黒い点ができて、虫歯かも・・・と思ったことありませんか?
大きな括りをするならば、、虫歯ですふらふらですが、虫歯=治療が必ず必要というわけではありません。

小さな、小さな虫歯にフッ素をぬると、再石灰化をして、エナメル質を強化されて、虫歯の酸に負けにくい歯にすることができ、50歳~60歳まで治療をしなくても良いという例もあるのです。

フッ素を使用する際、どんなものがあるのか?今いろんな物がCMで流れ種類がいっぱいあり迷ってしまう・・exclamation&questionという声もたまに質問されます。


そこで当院の2種類のフッ素をご紹介しますかわいい

ぴかぴか(新しい)ホームジェルぴかぴか(新しい)
こちらは名前の通りお家で出来るフッ素ケアです。歯磨き粉としても使って大丈夫なものなので、毎日でもOK!!
フッ素濃度は0,4%ほどです。味も選べるので子様にも抵抗なく使ってもらえます。

ぴかぴか(新しい)コンクールジェルぴかぴか(新しい)
上にあげたホームジェルと効果は同じですが、こちらは味が無味ですので大人の方もお子さんと兼用して使えます。

ぴかぴか(新しい)フルオールぴかぴか(新しい)
こちら濃度が2%もあります!!
濃度が高いので年2回が理想とされています。こちらは歯医者さんでしか使えません。
検診の際、病院で塗るようになります。



歯にいいとされているのが、フッ素とキシリトールとカテキンです。これをとり入れると丈夫な歯が作ることが出来るとされています。
お家でのケアはもちろん大切ですパンチ
ですが、お子様に虫歯が出来て、放置してしまうと進行が進み治療が必要になりますのですので、検診がとても大切です。
そして歯医者さんに慣れていってもらうことも大切ですので、不安なことがありましたら病院にいらしてくださいかわいい


不安を安心に

この記事へのコメント