子どもの歯周病

これまでに何度か歯周病の記事を書いてきましたが今回は子どもの歯周病についてです

かつて歯周病は大人の病気だといわれてきました。しかし、子どもが歯周病にならないわけではないんですあせあせ(飛び散る汗)
もともと、子どもはだ液の分泌量などが多いため歯周病にはかかりづらいと考えられてきましたが生まれつき免疫力が弱かったり、歯磨きの状態が非常に悪い場合は歯周病になることがありますバッド(下向き矢印)

また、食生活の変化で粘着性の高い食べ物が多くなっているのも小・中学生で歯周病にかかる原因の一つとされています。

もし子どもが歯周病になってしまうと、成人より早く進行するので注意が必要ですふらふら

厚生労働省の調査によると
10歳以上の子どもの2人1人が歯周病の初期症状である歯肉炎にかかっていることが確認されたそうですexclamation

子どものうちは重症化することはあまりありませんが、将来の歯周病予備軍となる可能性はとても高くなるんですたらーっ(汗)



ちょっとぐらい歯ぐきが腫れたって痛くないから大丈夫!!と思うのではなく、気づいたらすぐ歯医者さんへ行きましょうグッド(上向き矢印)


できれば、なにも症状がないうちから定期検診を受けることがオススメですぴかぴか(新しい)

by koto


~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント