歯周病の歴史

今回は人と歯周病の歴史についてお話したいと思います。



人類と歯周病の付き合いは大変古く、旧石器時代のネアンデルタール人の顎の骨にも認められています。
また最近では、猿人の骨にも歯周病が見つかりました。
猿と猿人の違いは、直立歩行と火の使用とも言われていますが、まさしく火を使うようになって以来、人類は歯周病に悩まされ続けていると言えるでしょう。



古代エジプト時代になると、歯周病はかなり一般的な病気となったようです。
例えば、古代エジプトの王(紀元前十三世紀)のミイラのx線写真を見ると、歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてなくなって歯が抜けてしまった状態や、歯がグラグラになっている状態が認められます。
この王様は歯周病で歯を失ったと考えられ、きっと歯周病に悩まされていたことでしょう。

いろいろな古代人の歯周病の状態を比較すると、身分の高い人ほど症状がひどいことから、食べ物に恵まれ美食をしていた人ほど歯周病にかかっていたと考えられます。
つまり歯周病は食習慣に影響されていたのです。



一方、むし歯の原因となる砂糖の入った食べ物が乏しかった旧石器時代はもちろん、古代エジプト時代でもむし歯はまれであったと言われています。
日本でも、むし歯が問題になってきたのは江戸時代からです。



ここで一つ。



皆さんは歯周病がギネスブックに載っていることをご存知ですか?

ギネスブックには
「人類史上最も感染者の多い感染症」「全世界で最も蔓延している病気は歯周病である。地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない」「8020運動」(80歳になっても自分の歯を20本以上残そう)のように、自分の歯を大事にしながら普段の食事を楽しみたいですね。

もちろん、食後の歯磨きをお忘れなく^^

~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント