口腔内写真

歯医者でレントゲン撮影以外に、口の中の写真撮影を経験された方はいらっしゃいますか?
私たちは口腔内写真と呼んでいます。
撮影を受けた方は唇を引っ張られ、大きな口を開けて、なんだか恥ずかしい・・・と思った方も多いのではないかと思います。
どうして撮影するのか・・そんな疑問にお答えしようと思います。

口腔内写真の目的はいくつかあるんです。
① 治療をわかりやすくするため
② 治療前の状態を記録するため
③ 治療後の状態を記録するため
④ 治療計画の立案
⑤ 比較写真(経時的変化)

写真から得られるものは多く、歯や歯並び、歯肉の色や質、修復物、軟組織疾患等 色々な情報が得られます。患者様自身の治療のモチベーションの維持としても提供できる重要なツールなのです。
口腔内写真は自分の弱点を知るいい機会です。治療後、何年か後に写真を見てみるのも楽しいかもしれませんね。

by iモードsukeiモード

~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント