親知らずの話

「この親知らずは抜いた方がいいですよ」と歯科医院で言われたけれどどうしようか迷っている方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は親知らずを抜く抜かないの見極め方についてお話します。

1.正しい方向に生えていてしっかり磨ける場合は抜かずに様子をみていけばい
いでしょう。
上下に親知らずが生えそれが咬み合いさらに磨けている場合はなおのこと
抜く必要はありません。
2.顎の骨の深い所に埋もれていて症状がない場合は抜かずにすむことが
多いです。
3.横に倒れたり傾いて手前の歯にぶつかったりぶつかりそうな場合は
(ぶつかられた部分から)手前の歯が虫歯になります。
前歯が押し出されて歯並びが悪くなることもあるので抜いた方がいいと
言えます。
また、倒れたり傾いている親知らずは歯ブラシが届かないので周りに細菌が
溜まり、腫れや痛み 口臭を伴いやすくなります。
4.上の親知らずの場合は根っこの先が副鼻腔に近いため頭痛や鼻ずまり、肩こ
りなどの症状を惹き起こすことがあります。


あなたの親知らずはどれに当てはまりましたか?
まずは自分の口の中に親知らずがあるのかないのか、あるとしたらどんな生え方をしているのか、確認してみてはいかがでしょう。
「咬む」という歯本来の働きに参加することができず問題ばかりおこす親知らずは早めに抜いたほうがよさそうですね。

啓歯会〜不安を安心に〜

この記事へのコメント