チョコレートで虫歯予防?!


チョコレートを食べ過ぎると虫歯になるイメージがありますよね?

ところが近年の研究によって、
チョコレートやココアには虫歯や歯周病予防に役立つ効果があることが分かっていますひらめき



チョコレートには「カカオ・ポリフェノール」という成分が含まれています。
ポリフェノールというとワインのイメージがあるかもしれませんが、チョコレートの方がポリフェノール含有量が高いのです目ひらめき

この成分は「抗酸化物質」という身体に良いもので、歯にもたくさんの良い効果をもたらします。



・虫歯の原因になる虫歯菌への抗菌作用
・歯周病に対する殺菌作用
・歯垢をつきにくくする
・口臭を防ぐ
・口内の浄化




美味しい上に、化学物質に頼ることなく、口腔環境を整えることが出来る優れものなのですexclamation

しかしここで大切なのは、チョコレートの種類です。

ミルクチョコレートからは抗酸化成分であるカカオポリフェノールはほとんど無くなってしまっています。
そしてホワイトチョコレートには、カカオポリフェノールは含まれていません。

カカオポリフェノールの含有率が高い、カカオ70%以上のダークチョコレートが歯にはおすすめですひらめき



ただしいくら健康や歯に良いからといって、糖分が入っている物であれば食べすぎはよくありません。
食べた後の歯磨きも忘れずにexclamation×2

食べる量を考え、おいしく歯の健康を守りましょう手(グー)

この記事へのコメント