ホワイトニングの種類~歯のマニキュア~

ホワイトニングは歯を漂白しなくてはならない…歯が痛んでしまうのは嫌だけど白くしたい、と思う方も少なくないでしょう。

今回は漂白しないで歯を白くする方法をご紹介いたします。

歯につけるマニキュアがあるのをご存知でしょうか?


女性の皆様は馴染み深いものですが、歯にもマニキュアがあるのです。

特徴は爪に塗るマニキュアと同じです。歯の表面を樹脂でコーティングし、白くします。歯を削る必要がなく、オフも簡単なので、気軽に歯を白くしたい方にお勧めの方法です。

歯科用マニキュア

 使用期間 1~3か月

歯科医院で使用されるマニキュアは、樹脂製のマニキュアを塗り、光を当てて固めます。現在日本国内ではホワイトコートとビューティコートという2種類のマニキュアが発売されています。

歯科用のマニキュアには歯の艶を出すマニキュアと歯を白くするマニキュアがあります。色の濃い歯や神経がない歯、銀歯などに白色のマニキュアを塗る場合はムラが目立ちやすくなり、施術を行う歯科医師や歯科衛生士の技術によって、仕上がりに差ができてしまいます。




注意
歯科用のマニキュアは、歯科材料(医薬品)ですので、歯科医院のみの扱いとなります。



パーマネントマニキュア

 使用期間 2~5年



パーマネントマニキュアは、特殊な樹脂を歯に塗って固めるため、他のマニキュアとは違い、数年間使用することができます。元の歯の色を遮断して白くするため、透明感がなくなるのが欠点ですが、ムラもなく真っ白な歯にすることができます。日本では一部の審美歯科でのみ扱っています。


ヒント
歯科用マニキュアとパーマネントマニキュアは、差し歯や銀歯にも使用することが可能で、1回で白くすることができます。差し歯や銀歯を高額なセラミックにやり替える前に、マニキュアを試してみるのもいいでしょう


注意
マニキュアは歯を削らずに樹脂を塗って白くするため、若干の厚みが出てしまいます。またエナメル質より着色しやすいため、クリーニングなど定期的なメンテナンスが必要です。

抗生物質で変色してしまった歯や、神経がない歯、差し歯などを白くしたい場合、多くはセラミックを勧められると思いますが、セラミックの前にマニキュアを試してみるのもいいでしょう。低価格で白い歯が手に入ります。



とても気軽にできますので、ぜひお試しください。






by n_0


啓歯会~不安を安心に~

この記事へのコメント