虫歯の予防

虫歯の原因となる歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌のかたまりは、磨き残しとお口の中の細菌が混じりあってできます。
そのプラークが、食べカスに含まれる糖分などによって増えていき酸を出して歯の表面のエナメル質を溶かしてしまいます。それが虫歯なのですあせあせ(飛び散る汗)
この状態が初期であれば、唾液の力で修復され元に戻ります。
(↑これを再石灰化といいます)
しかし、毎日の食生活の乱れやブラッシング等のお手入れ不足などでプラークが酸を出しやすい環境になるほど虫歯が悪化・進行してしまうのです。

そうならない為の予防法は
原因となるプラークを毎日しっかり落とすこと!ですひらめき

ただ磨くだけでなく自分の歯並びや歯の形に合わせて、一般的な歯ブラシの他に歯間ブラシやフロスを使用したりするのがより効果的です。
また、再石灰化には唾液が欠かせません。唾液は噛むことによって分泌されますので、お食事の際にしっかりよく噛んで食べることも重要になってきます。

台風古くなったプラーク(歯石)
台風歯並びの関係で自分では届かないところ

これらは専門の器具でクリーニングするのが1番です!
ぜひ、検診やクリーニングを定期的にしてくださいねぴかぴか(新しい)
むしば.jpg
byY.W
~不安を安心に~

この記事へのコメント