百獣の王も・・

こんな記事を見つけました。

アフリカの野生動物保護官が弱って死にそうなライオンを保護しました。
調べてみるとライオンの口の中にイボイノシシのキバが刺さっていました。
(イボイノシシは60~150kgのイノシシの中でも比較的小さい種類と言われていますが、
長さ60cmにも及ぶ大きな牙を持っています)
ライオンは、その刺さったキバが原因で水も食物もとれなくなり、
飢えて死ぬところだったのです。
シマウマもライオンは一度歯を失ってしまうと
胃や腸を失うのと同じようにすぐに死んでしまうのだそうです。

私達人間は道具や火を使って食物を軟らかくしたり、
細かく調理する方法を知っているので、歯を失っても飢えて死ぬことはありません。

百獣の王も、歯を失ってはその座を守れないのですね・・

イボイノ.jpg

By:Blanche neige

~啓歯会 不安を安心に~

この記事へのコメント