歯の色

歯の色
歯の色は髪の色や肌の色と同じように個人差があります。
歯は黄色味を帯びた象牙質が、表層の半透明のエナメル質で覆われている為
やや黄色く見えます。
この象牙質とエナメル質の個人差で、生まれつきの歯の色に個人差が出ます。
(歯の色の変化の原因)
色素が表面に固着した状態
 お茶、コーヒー、赤ワインなどの飲み物。
 喫煙による着色。
 カレー、ミートソースなどの色の濃い食べ物。
治療後
 歯科治療で神経を抜いたり、外傷などで歯の内部が黒く変色する事がありま  す。
薬の副作用
 テトラサイクリンという抗生物質を妊娠中に服用した場合や、新生児、乳幼児
 期に投与された場合の副作用として、歯の全体が変色する場合があります。
加齢
 加齢によりエネメル質が薄くなり、象牙質も黄色味が増してくるので、全体的に黄ばんで見えるようになります。

歯の色が気になっている方は、クリーニングにより着色を落とす事で解決する事もあります。
ホワイトニング(歯の漂白)や治療の種類もさまざまありますので、一度ご相談してみて下さいね!
neko.gif
~不安を安心に~
by kyon

この記事へのコメント