よく噛みましょう!!

よく噛みましょう!!

平安時代から戦前までの長い間、日本人の主食は米、麦。 おかずには魚、野菜を食べてきました。
一回の食事の平均時間は20分~30分、噛む回数は約1500回でした。

さらに時代をさかのぼってクルミや粟、魚や干物を食べていた弥生時代(卑弥呼の時代)には、一回の食事の咀嚼回数は3900回、時間にして一時間半もかけていたそうです。

ところが戦後、食事が欧米化してくると共に、食事時間も噛む回数も急激に減っていき、現代では一回の食事時間は約11分、咀嚼回数は約620回になってしまいました。柔らかい食べ物が主流になり、あまり噛まなくてもよくなった事が原因です。

では、噛むという行為は、私たちの健康にどのような効果を与えてくれるのでしょう。
食べ物を細かく噛み砕いて消化酵素を含む唾液と混ぜ合わせることによって消化を助ける事も勿論ですが、唾液を沢山出すことで、虫歯を予防する効果も得られます。

虫歯はミュータンス菌などの虫歯菌によっておきますが、唾液にはその虫歯菌が作る酸を薄める効果があるのです。
その他にも、脳の発達や肥満防止、全身疾患の予防にも深く関係します。

しっかり噛んで健康を目指しましょう!!
最後に、よくかむ8大効用「ひみこのはがいいーぜ!」を紹介します。


 :肥満防止(ふとりすぎ)
 :味覚の発達(微妙な味が分かる)
 :言葉の発音はっきり(言葉が分かりやすく)
 :脳の発達
 :歯の病気予防(歯周病、虫歯予防)
 :ガンの予防
 :胃腸快調(お腹すっきり!)
 :全力投球(力いっぱい遊んだり、仕事したり出来ます)


  himi.bmp
by たろりん

啓歯会~不安を安心に~