歯の妖精

歯の妖精
                      item_lu03.jpg


欧米に古くから伝わる歯の妖精>(Tooth fairy)のお話を紹介しますひらめき

日本では子供の歯が抜けたとき、その抜けた歯を上の歯は縁の下に、下の歯は屋根へ放り投げるという習慣があります。それは、新しい歯は、古い歯がある方向に伸びると信じられているからですexclamation

一方、欧米では、子供の歯が抜けたとき、その抜けた歯を枕の下に置いて眠る眠い(睡眠)と、歯の妖精が夜中にこっそりとやってきて、歯を持っていくかわりにコインを置いていってくるという話がありますぴかぴか(新しい)

歯の妖精は、健康な白い歯だけを集めに来るので、歯を毎日磨かない子や、抜けた歯が虫歯の子供のもとにはやって来ませんexclamation×2

親たちは「歯の妖精が来ないわよ」と子供に言い聞かせながら、歯を磨かせているのですひらめき
また、歯が抜けることを子供が怖がったりしないように、との意味もあるそうですぴかぴか(新しい)

歯の妖精は、小さな子供のころから歯の予防意識を根付かせ、歯を通じて美と健康に対する意識を高めるために、一役買っていると言えますexclamation×2


by.mwk



啓歯会~不安を安心に~