代用甘味料・キシリトール

今回のテーマは「代用甘味料・キシリトール」についてです。

まず代用甘味料とは、砂糖に代わる甘味料という意味で、糖尿病での糖質コントロールをしている人や、虫歯の予防としても使用されています。
甘味料はほとんどが糖アルコールに属していますが、その他にもアミノ酸からなるアスパルテールや、植物からなるステビオサイドなどさまざまです。
中でも、キシリトールは虫歯の予防の面からガムに使用されて有名になりました。キシリトールは、主に白樺の木から生成される糖アルコールですが、ほうれん草やイチゴなど多くの野菜や果物にも含まれています。砂糖と同じ程度の甘さを持ちますが、カロリーは砂糖の75%程度です。溶ける時に吸熱するので清涼感があります。

キシリトールはなぜ歯に良いとされるのでしょう?

虫歯の代表菌であるミュータンス連鎖球菌は食物の糖分を利用して酸を作り、虫歯を進行させます。キシリトールは、これをミュータンス菌が利用できないために酸が生産されず、歯垢の形成も抑制されるそうです。
また、ガムに配合されて噛む事により唾液を多く分泌させて再石灰化を助けるという役割もあります。

市販の物でも「キシリトール配合」のガムはたくさん種類がありますよね。キシリトール製品を選ぶ上で、いくつか覚えておきたい注意点もあります。

・糖類の表示に注意する目
いくらキシリトール配合であっても、糖類がたくさん入っているものでは虫歯になりやすくなってしまう事も。他の糖類が入ってないものが理想です。
・含有量の高いものを目
キシリトールは入っていても、その含有量は10%~100%とさまざまです。市販のものは10~70%、歯科専売は90~100%といわれていますので、表示を見てから選びたいですね

以上になりますが、キシリトールはあくまで補助的なものです。キシリトールを摂ったからといって虫歯にならない訳ではないですし、虫歯が治ることもありません。なにより大切なのは普段からの口腔ケアですので、しっかり歯磨きして、虫歯ゼロを目指したいですね!手(グー)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)    byたろりん
啓歯会~不安を安心に~