歯の神様

先日、文京区にある白山神社のあじさい祭りに行ってきました。
色とりどりの紫陽花より、私が気になってしまったのはコチラサーチ(調べる)

IMG_1708.JPG

白山神社は歯の神様として親しまれているそうで、使い古した歯ブラシを供養してくれるのです。
のぞいてみたら結構入っていましたグッド(上向き矢印)

歯の痛みは、現代人のものだけではありません。
江戸時代、殿様や武将・豪商などの一部の人にはお抱えの口中医がいましたが、
一般庶民には無縁だったそうです病院

だから、ほとんどの人は歯が痛かったら「神頼み」や「おまじない」に頼るしかなかったんですね。

日本には、歯にまつわる神社仏閣、石仏が約300カ所もあるのも納得できます。

今は、歯が痛くなったら誰でも歯医者に行けますから、
歯の神様は意外にヒマかもしれませんねあせあせ(飛び散る汗)

By a8merciハートスペードダイヤクラブ

~不安を安心に~