災害時の口腔ケア

~避難所でできる口腔ケアとは?

満月歯ブラシがないときの口腔ケア
歯ブラシがないときは、食後に30ml程度の水やお茶で数回しっかりとうがいをします。また、ハンカチやガーゼを指に巻いて歯の表面を拭いて、汚れをとるようにしてください。液体ハミガキ(デンタルリンス)や洗口液を併用すると歯垢を除去しやすくなります。洗口(クチュクチュあるいはブクブク)だけでは、歯垢は除去できません。

満月水が少ないときの口腔ケア
①30ml程度の水をコップに入れます。
②コップの水で歯ブラシを濡らして、歯みがきを開始します。
③歯ブラシが汚れてきたら、ティッシュペーパーやウェットティッシュで拭き取ります。歯みがきと拭き取りを繰り返します。
④最後に、コップの水で口をすすぎます。うがいは、1回ではなく、2~3回に分けるのが効果的です。液体ハミガキ(デンタルリンス)や洗口液が入手可能だったら水だけよりもさらに効果的です。

満月入れ歯の手入れ
入れ歯(義歯)の手入れも重要です。できれば毎食後、少なくとも1日に1度ははずして、歯ブラシなどで清掃しましょう。

満月唾液を出すためのマッサージ
①唾液には口の中の汚れを洗い出す働きがあるので、十分に出すことが大切です。水分をできるだけとり、顎の下、えらの内側を親指で押さえます。
②その他の指を耳の前に置き、円を描くようにマッサージします。マッサージによる刺激と手のひらの温かさで血流がよくなり、唾液が出やすくなります。ガムを噛むことも唾液を出させるよい方法です。


よく噛むことは、唾液の分泌を促して消化を助け、またストレスの解消にもなり、健康維持に役立つことが知られています。ゆっくり食べると満腹感を得られやすいことが知られています。
唾液には消化や潤滑などの働きのほか、洗浄や抗菌作用などがあり、口の清潔や肺炎予防などに欠くことができない貴重なものです。唾液のネバつきは水分不足のサインですので気を付けてください。


by as

啓歯会~不安を安心に~