キシリトール

「キシリトール」はもう皆さん御存知ですよね。

どんなイメージがありますか?

キシリトールは白樺やトウモロコシを加工して作られる天然の代用甘味料です。

白樺2.jpg

砂糖よりも低カロリーで、同等の甘さがあります。
冷涼感がありちょっとスーッとするのが特徴です。

キシトールはなぜ歯に良いのでしょうか?

砂糖に代表される一般的な糖を摂取すると、口の中の虫歯菌が
「酸」を作って口の中が酸性になります。

酸性の状態が長く続くと歯が溶けて虫歯になります。

ところがキシリトールは摂取しても「酸」が作られないのです。
だから口の中も酸性にならず、虫歯の原因にならないのです。

しかも、甘いので唾液がいっぱい出てきます。

唾液の中には歯を強くする成分が入っているので唾液が
たくさん出ることで歯も強くなるのです。

また唾液には酸性になった口の中をもとに戻してくれる働きもあるので、
食事・間食の後にキシリトールを摂取すると酸性の時間が短くなり、
虫歯予防になります。

良いことずくめのキシリトールですが、
一度に大量に摂取するとお腹をこわすので気をつけて。

キシリトール.jpg


啓歯会~不安を安心に~



byキタロウ