スポーツ選手の歯並び

間もなくsoon開幕する北京オリンピックにちなんでスポーツ選手の
歯並びについてお話ししようと思いますスポーツ

スポーツ選手にとってかみ合わせはとても重要ですひらめき
食事のときに奥歯にかかる力は30~50kgと言われていますが、
運動をしているときに大きな力を出したり、踏ん張るときには奥歯に
その倍以上の大きな力がかかります手(グー)
その昔、元野球選手野球の王貞治さんが歯をくいしばりすぎて奥歯が
ボロボロになってしまった、というエピソードもあるほどですあせあせ(飛び散る汗)

歯並びが悪く、かみ合わせが安定しないと持久力や瞬発力などの運動能力が
十分に発揮できないこともあるのですバッド(下向き矢印)

そのために矯正治療をするスポーツ選手も少なくありません。
海外の陸上選手や、サッカーサッカー選手にも見かけます。
マラソンの高橋尚子選手も治療していたようですし、水泳の岩崎恭子選手、
韓国のフィギアのキム・ヨナ選手などなど。

その中でも一番イメージが強いのは・・・exclamation&question
北京オリンピックの女子マラソン代表の土佐礼子選手ではないでしょうか?
当時、成績の不調や疲労骨折などのけが病院はかみ合わせのせいでは?という
旦那さんの勧めで矯正治療始めました。
治療は2年から3年に延びましたが、北京オリンピックに照準が合いましたスポーツ

また、かみ合わせだけではなく、歯並びがⅤ字型からU字型になることで
口腔が広くなり酸素摂取量の増加も期待できるのだそうですダッシュ(走り出すさま)

カチンコ矯正前カチンコ              ぴかぴか(新しい)矯正後ぴかぴか(新しい)

矯正前.jpg 次項有 矯正後.jpg


頑張れexclamation×2 ぴかぴか(新しい)NEWぴかぴか(新しい)土佐選手!!!


リボン by a8merci リボン


啓歯会~不安を安心に~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック