咀嚼について

人類の祖先である猿人が地球上に誕生したのが、約400万年前それ以降300万年以上の間、ほとんど進化がなかったと云われています。
ある時から人類の進化をもたらしたのが「火の利用」でした。70万年から80万年前のことです。猿人は前歯犬歯がが発達しており、肉や魚を引き裂いて飲み込んでいました。火を利用することにより、焼いたり煮たりするようになり、食物をじっくり味わうようになります、原人と言われています。
奥歯すなわち臼歯部を支える骨が発達し、下顎骨が猿人よりも大きくなりました。
咀嚼力が脳の成長を促していくことになります、その理由は咀嚼筋の中の一つである咬筋の運動によつて、大脳が刺激されて脳血流が活性化されます、この運動が顎からの情報として脳活性の50パ-セントになるといわれています。
猿人の脳の重さが300gであったのに対し30万年で1000gの重さの脳を持つ原人に進化していきました。前歯で噛み切り犬歯で突き刺し、奥の臼歯で砕きすり潰し、唾液とともに食道へそれぞれの役割を担う咀嚼の総合力は人類の進化に貢献したといえます。
現代人の脳の重さは1400gあります、調理法や嗜好の変化により軟らかい食物を好む傾向にあり、弥生人の頃より咀嚼数が6分の1まで減少しています。脳の重さが軽くなるわけではないと思われますが、咀嚼数の減少により歯や歯肉や歯槽骨に悪影響がでます。それは唾液の分泌量の減少です、口の中の洗浄、保湿、殺菌、消化を助ける働きが低下します。唾液が少ないために嚥下が困難になります、そのために水分で流し込む食事になります、本末転倒になってきています。
結論としては「咀嚼で脳血流を活性化させ、唾液の分泌を促進させましょう」と言うことになります。
近々に「咀嚼と神経伝達物質について」を予定しています。


by.bunbun
啓歯会~不安を安心に~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック