矯正って、痛いの??

さて、今日は矯正治療中の痛みについて考えましょうわーい(嬉しい顔)。「矯正って、痛いんですよね・・・?」って質問をよくいただきます。答えは、「はい、そうなんです。」です目これは、どうしても避けられないんです。それは、矯正で歯を動かすときの”しくみ”と関係があるからなんですね~もうやだ〜(悲しい顔)
pain3.jpg
上の図は、治療中の歯に力がかかっているときの図です。矯正治療は、歯に力を加え続けると圧力がかかってる部分の骨が改造されて歯が動く、という原理を利用してます。・・・あら、眠くなっちゃいますかねふらふらさておき、上の図で、歯の根っこの周りには神経が張り巡らされています。歯に力を加えると、歯の根っこの周りの神経が「ムニュゥゥゥ」と、圧迫されます。これは、普通にごはんを食べているときにも起きる現象です。でも、ごはんを食べているときには歯は動きません。それは、力の大きさの問題なんですねexclamation
pain4.jpg
上の図で、ごはんを食べたりしているときの歯の圧力メーターは、レッドゾーンよりも小さいのですが、矯正治療では、力をレッドゾーンにまで加えます。そうしないと、歯が動かないんです・・・もうやだ〜(悲しい顔)力がレッドゾーンに入ると、神経が「うぎゃあああ」となり、「痛い」と、感じるわけです。この痛みの程度は人それぞれです。でも、夜も眠れないほどの虫歯のような痛みが出ることは通常ありませんよ?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック