歯の打撲、神経が死んでる?

歯は硬いものを噛んだりするものなので、すごく丈夫なイメージがありますが、過度の力が加わったり、転んでぶつけたりすると、打撲と同じ症状がでます。皆さん知ってました?
通常、腕や脚をぶつけたりすると、アザが一週間ほど出来て消えます。
歯も同じで、打撲すると赤~ピンク色のアザが出来て、だんだん茶~黄色になり消えます。111110.jpg
これは歯の中に歯髄(血管や神経)が存在するためですひらめき
腕や脚は、本当にひどい場合以外は、腐って切断なんてありませんが、歯は血流が悪いため、容易に壊死してしまいます。いわゆる歯の神経が死んでしまう状態です。
そうなったら、歯のてっぺんに穴を開け、死んだ神経や感染した神経を取り除く治療になります。(虫歯がひどい時も同じ治療になります。)

ここからは、その治療についてお話します。
下図は歯の断面図で、下半分が頭の部分で、一番上が骨に埋まってる歯根部分の尖端です。根管.jpg
歯の中には神経が入っている部屋や管があるのですが、黒い線がその部分です。
歯医者は通常、この部分を全部きれいにしなければなりません。歯根の尖端で直径0.1ミリくらいでしょうか?かなり大変です。あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに治療費は(奥歯1本)
イギリスで17万円exclamation×2
アメリカで7万円exclamation
日本はなんと、保険で約5千円exclamation&question
(いずれも歯根治療のみの値段です。多少の誤差はあります。)
皆さん、日本人でよかった?ですね。
ついでに言いますと、排水管が詰まって修理すると約4万円ですたらーっ(汗) 関係ないですね。

でも、そのうち腕の良い歯医者さんは保険で治療しなくなると思われますのでご注意を。

by ペルナン

啓歯会~不安を安心に~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック