歯がしみる=虫歯?

最近、歯がしみることがあるんですが虫歯でしょうか?
患者さまからよくあるご質問です。

「歯がしみる!」原因として考えられるのは
1,虫歯になっている

虫歯が原因で歯がしみている場合、冷たいもの、甘いもの、熱いものがしみてきます。
虫歯が進行し、歯の中のばい菌が神経を刺激して歯がしみていると考えられます。
熱いものがしみる場合は歯の神経の血管が熱いもので拡張し中の圧力が高まることでしみる、痛いと感じますのでかなり虫歯が進行していると考えられます。

2,知覚過敏・・・虫歯じゃないのにどうして??

本来、歯茎から出ている歯の部分はエナメル質というとても硬いもので守られています。しかし、エナメル質が削れてきたり、欠けてしまったり、歯茎が下がってしまいエナメル質より柔らかく刺激を受けやすい象牙質が露出してしまうことで刺激を受けやすくなりしみる!痛いと感じてしまいます。その原因として考えられるのは・・・

(1)オーバーブラッシングによる摩耗
歯磨きの力が強すぎたり、間違った方法で歯磨きを続けると、少しずつ歯が削れてきます。いつも強く歯ブラシが当たっている部分の歯の根元に緩やかな段差がみられます。今の歯磨きの方法で磨き続けると歯はどんどん削れてしまいます。歯科医院でプロによる指導のもと、正しい歯磨きの方法を身につけて頂く必要があります。

(2)咬合不良による楔状欠損
物を噛んだり、歯をくいしばったりするとき歯にはとても大きな力がかかっています。その力を全体でバランスよく受けていない場合、特定の歯にいつも大きな力がかかっています。そのため、負担がかかっている歯の根元の部分(エナメル質が薄くなっている部分)が欠けてしまいます。摩耗とは違い楔状にパキッと欠けています。お口の中全体の噛み合わせのバランスをチェックし、改善する必要があります。また、寝ている間の歯ぎしりがある場合、スポーツ、お仕事でくいしばることが多い場合はマウスピースを装着することなどで歯への負担を軽減する方法も考えられます。

(3)歯周病による歯肉の退縮
歯周病で歯を支えている骨が溶けてきてしまうと、歯茎が退縮しエナメル質より柔らかく、刺激を受けやすい象牙質が露出してきます。歯周治療が必要ですが、残念なことに退縮した歯肉が戻ることはなく歯周治療により一時的に今よりしみると感じることがあります。しかし、このままでは歯周病が進行し、歯を支えている骨はどんどん溶けていってしまい結果的に歯を失うことになってしまいます。

3,その他
・歯にひびがはいっている
・つめ物がとれている、つめ物が古くなり合わなくなってきている。
・治療した歯がしみる
神経がある歯を削ると、削った分だけ神経に近くなります。そのため、治療後は軽い痛みがでたり、しみたりするのです。しみなくなるまでの期間は、人によって、それぞれの歯によって異なりますが、1~2週間でおさまる場合、半年~1年かかる場合があります。

**治療法**
・コーティング剤の塗布
・欠損部分の充填
・フッ素塗布
などがありますが、まずは原因を改善することが大切です。

歯がしみる!それは歯が危険信号を出しています。
歯科医院にご相談下さい。

啓歯会~不安を安心に~

by k-dh

この記事へのコメント