歯ブラシの歴史

現在のような歯ブラシが使われる以前は、歯楊枝とか房楊枝というものがありました。 繊維の多い木の枝の端を咬みつぶしたり、たたいて房状にしたものを使い歯を磨いていました。 日本では宗教的意味合いが強く、仏教伝来と共に僧や貴族が仏前で礼拝する前に歯を磨き身を清めていました。 平安時代には「うがい」の風習があり、鎌倉時代には楊枝の使用が盛んに行われていました。 尚、同時期のイタリアで…

続きを読む