火葬と歯のお話

さて、今日は生きている人の歯の話ではないことをお話します。 人が亡くなると、日本では火葬の制度がとられているので、 お体を燃やし、その後埋葬します。 人の骨は有機物と無機物で出来ています。 中でも、60~70分かけて焼いた後、 遺骨として残っているは燃えやすい細胞の少ない硬質で太い部分や厚い部分です。 中でも人の歯は、骨を含む硬組織の中で一番硬い物質でできています。 …

続きを読む