大晦日には

日本では、年越しの蕎麦を食べるのが、習慣になっていますが、これは、江戸中期から、!!?らしいです。由来は、諸説あり、蕎麦が、細く長い事から、長寿延命を、祈ったり、蕎麦は切れやすい事から、1年の苦労や、悪縁を切るという意味、又、昔の金銀職人が、そば粉を仕事に使用した事から、金銀が集まるように願ってだとか、色々説が有るらしく、昔は月末に、晦日蕎麦を食べていたものが、1年の大晦日に食べる様になったと言…

続きを読む