歯の喪失の影響

高齢になると、むし歯や歯周病のために歯を失う可能性が高くなります。歯の喪失は咀嚼機能を低下させる主な原因です。また加齢にともない口腔周囲の筋肉の量が減少し、咀嚼機能の低下を招きます。 歯の喪失・咀嚼機能の低下は脳機能に大きな影響を与えることが報告され、たとえば咀嚼機能の低下は海馬萎縮の原因のひとつと考えられています。海馬は記憶や空間学習能力に関係する大脳の一部で、アルツハイマー病の最初の病変部…

続きを読む