夏は子供のお口がピンチ

とても暑い日が続きもう気分は夏ですね!今回は、楽しい夏を迎える前に、夏を楽しみにしていた病気たちについてのお話です。歯医者さん関係ないんじゃないと思われるかもしれませんが、この病気は主に子供たちに感染し、口の中に症状が出るのです。以下に紹介していきます。 ・手足口病 手足や口内に水疱性発疹が現れるのが特徴です。子どもの場合は熱が出ることもありますが、多くは38度以下の微熱にとどまることがほと…

続きを読む

梅雨と歯痛

暑い5月を過ぎるとそろそろ梅雨の季節がやってきます 患者様の中にはその時期になると、歯の痛みが出やすいと訴える方もいます。 それはなぜなのか? 一概には言えませんが、気圧の変化によるものが原因であると考えられます。 歯の中には歯髄腔という神経や血管の入っている空洞があるため、 気圧の変化により圧力がかかり痛みが出てくる場合があります。 健康な歯であれば通常…

続きを読む

歯の接触時間と力について

人はどの位の力で咬んでいるのかというと、 健康な成人男性では、大体平均して60kg程度と言われています。 最大では100kgを越える方もいるそうです。 ちなみに、食事中の際にかかっている力は最大の2分の1~4分の1であると言われています 上下の歯に通常は接触しておらず、会話や食事をする際に接触するだけで、接触してる時間の合計はわずか1日あたり20分弱が正常だと言われています。 上下…

続きを読む