顎関節症について

顎の関節は様々な組織(骨、軟骨、関節包、靭帯など)により構成されています。 顎関節症の病因論として、以下の5つが過去に提唱されています。 ①機械的偏位説…咬合などにより下顎頭の位置のずれることが原因となる ②筋肉説   …頭頚部の筋の運動不足や疲労が筋症状の原因となる ③神経筋肉説 …咬合異常が筋スパズムを起こし、これが関節痛や筋痛の原因となる ④心理生理説 …情動的原因が筋ス…

続きを読む