卑弥呼の歯はいーぜ

皆さん、こんにちは。 夏バテしていませんか? よく噛んで食べることは健康の源です。 今週は「卑弥呼の歯はいーぜ」という標語をご紹介します。 女王卑弥呼の生きた時代の人々は、1回の食事で3990回食べ物を噛んでいたそうです。 現代人は平均620回ですからなんと6倍以上です。 調理法もまだ発達していなかったので食べ物は硬めで、否応なく多く噛まなければならなかったのです。 …

続きを読む

ガムと唾液の関係性

こんにちは!まだまだ暑い日が続きますね! では、今週は 『ガムと唾液の関係』についてお話したいと思います! みなさまは、日常、ガムを噛みますか!? テレビを見ていると、スポーツ選手がガムを噛んでいるのは見かけますが、色々意味があるようです。 集中力を高めるのかな!?と思っていたのですが。。。 ①リラックスして、集中力を高める ②歯の食いしばりから、歯…

続きを読む

アイスで歯がしみる!

猛暑が続いています。 夏といえば、冷たいものがおいしいですよね! アイスや冷たいジュースを飲んで 「歯がしみる~(>_<)」 ってことありませんか? さて、歯がしみる原因は 何にあるのでしょうか? 虫歯や知覚過敏、酸蝕症が考えられますが 今回は知覚過敏について、お話したいと思います。 知覚過敏は、歯の「象牙質」と呼ばれる部分の…

続きを読む

歯周病の話

歯周病は細菌が原因となる感染症です。 お口の中には多種多様な常在菌が存在し 互いに協力したり拮抗したりしながら安定した状態を保っているので、 通常は新たな細菌にはなかなか感染しません。 しかし何年も生活を共にするような家族の場合は (夫から妻、親から子供などのように)細菌の感染経路が明白に存在する上、 炎症を引き起こす免疫の働き(遺伝的要素)や生活習慣(食生活・喫煙・ 口腔メン…

続きを読む