口腔乾燥を引き起こす薬とそのメカニズム

唾液には潤滑作用、粘膜の保護作用、緩衝作用、洗浄作用、抗菌作用などがあり、口の中を健康な状態に保つ役割を担っています唾液分泌の減少により口腔粘膜が乾燥した症状を「口腔乾燥症(ドライマウス)といい、その原因の1つとして薬の副作用が上げられています 血圧の薬や抗うつ薬等、口腔乾燥の副作用がある薬は多く、個々の服用では発現頻度が高くない場合でも、数種類を併用すると口腔乾燥が起きやすくなると考えられて…

続きを読む

キシリトールとリカルデント

こんにちは。今日はキシリトールとリカルデントの違いについてお話します ★キシリトールとは・・・  代用甘味料であり、甘い味がするのに虫歯にならないものですが、それ自体に再石灰化の能力があるわけではありません。近年、代用甘味料の過剰摂取が糖尿病を引き起こすリスクがあるとの研究も発表されているので摂りすぎには注意して下さい ★リカルデントとは・・・ 牛乳由来のミネラル成分です。歯の脱灰(…

続きを読む

口腔ケア~舌の清掃~

口腔ケア~舌の清掃~ こんにちは もうすぐ食べ物がおいしくなる秋ですねっ おいしい物を食べて、「美味しい!!」と感じることができ、 甘味、酸味、塩味、苦味「基本4味」うま味を含めると「基本5味」を 感知する役割が舌にはあります では、皆様は舌の清掃はどれくらいの頻度でやるのが効果的でしょうか? 3日に1回?1週間??2週間???気がむいたら???? 正解は、、、、 1日…

続きを読む

親知らずはなぜ親知らずとよばれてるのか?

普段私たちが親知らずと呼んでいる一番奥の歯は なぜ親知らずと呼ばれているのでしょう この親知らずという歯がはえてくるのは、早い人で14歳~といわれ、 遅い人で20歳~といわれています 昔の人はこの親知らずがはえてくる20歳前後の時までに 自分の親が生きていられなかったからという理由で、 親が知らない時にはえてくるため、親知らずと呼ばれています 正確には歯の中央から数えて…

続きを読む