幼若永久歯

幼若永久歯 生えたばかりの歯は幼若永久歯と言われるように未成熟です。 歯の表面を覆うエナメル質はとてもやわらかく、顕微鏡で見ると軽石の様に デコボコとしています。 ミネラル構造が未成熟でやわらかく、虫歯の原因となるミュータンス菌が つきやすいのです。 生えてから2~3年は完成されておらず、虫歯になったり、ぶつけて折れたり し易い期間となります。 外からフッ素を取り入れ、緻密な結晶…

続きを読む